読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも私は写真を撮る



休みの日にはたいていカメラを持ち歩いている。

そして、意識的にファインダーを覗き、シャッターを切る。

なぜそのタイミングなのか、なにが私にシャッターを切らせたのか。

自分が良いと思わなければ写真を撮らないわけで。

自宅に帰り写真を振り返ってみると、その場その時とは違った感想をよく抱く。

良い写真、悪い写真。

そこには対象のみならず、自分の心も写っていると思う。

一撮入魂。

昔は写真に撮られると魂を抜かれると言われたが、逆に魂を入れて撮っているとは皮肉なものだ。