読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらい先に見えた一つの光

先週、連日遅くまで残業していた。

 

やらねばならぬことがいっぱいだった。

 

金曜日の夜、つらい真っ暗な精神の中で一つの光が見えた。

 

「どんなにつらくても、楽しくても、人の行き着く所は同じ」

 「例えどんな宗教であっても、死は避けられない」

 「生まれた時から死に向かって生きている」

 

最後は決まっているのだから、目を背けたりネガティヴにならずに、逆に、それを見越した前提で生活すれば、他人を羨ましく思ったり、妬んだりは少なくなるのではないか。

 

RPGゲームもエンディングがあるから進められる。

 

そう、これは一人一人の物語なんだ。