読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車が通過するのを踏切の前で見ることの恐怖と‘ハレとケ’

 f:id:simone_tamao:20161011015900j:image

 

 小さい時は電車が好きだった。

小学生をに上がるまではおもちゃのプラレールにハマったし、高校生辺りの時にはPS2だったかゲームのプラレールもやった。

いつの間にその熱は冷めた。

 

 今日は体育の日。

休日出勤が終わってから夜に自転車でブラブラしていた。

京浜急行の踏切に停まった。

快特か?「ゴゴゴゴゴゴ」と猛烈な振動音が近づいてくる。

写真を撮ってやろうと電車が来るであろう所にスマホを向けた。

 

一瞬、それは一瞬だった。

目の前を赤い金属の塊が猛烈な勢いで通り過ぎていく。

「ガタンガタンガタンガタン」と爆音を響かせて。

 

踏切警報機が鳴っている。

「カーンカーンカーンカーン…」

 

それからの静寂。

 

 一瞬の出来事だったので、まるで夢を見ていたかのようだった。

あの絶頂が過ぎた後の物静かさ。

まるで日本独特の‘ハレとケ’みたいだ。

日常と非日常。

 

 それにしても、あのような電車の速度と重量感を見てしまうと、人身事故が起きたらかなり悲惨なんだろうとも思った。

駅のホームに入って来る電車の速度とは全くの別物。

踏切ってこわいな。