読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乱読?積読?いえいえ、ファン読がオススメ

読書には色々な方法がある。

精読、乱読、積読。

私の造語だが、ファン読がオススメです。

これはなにかというと、本のテーマではなく著者に焦点を当てた読み方。

なぜこの読み方をするのか?

本屋の新書売り場でこういう経験はないだろうか?

「お、過激な題名だなぁ。おや?隣の本はそれとは逆の事を言ってるぞ。どっちが正しいのか?」

立ち読みでパラパラめくるのも有効だが、もっと簡単な方法はインターネットでググることだ。

その著者がどういう思想を持っているのか。

また、その出版社が革新派なのか保守派なのか。左寄りか右寄りか。

それらによって偏向もある。

本といえども飽くまで考え方や捉え方、ストーリー。

神格化しないこと、考え方を刷り込まないことが大切だ。