読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ラ・ラ・ランド」を観た。ミュージカル調は楽しく、エピローグは萌えである

日記

f:id:simone_tamao:20170318215758j:image

昨日、映画「ララランド」を観た。

ミュージカル映画は楽しい。人間ドラマがあり、歌い、踊る。

エンディング直前での回想はとても良かった。もし最初からすべて順調にいっていたら、という想像シーンだ。

これによって、二つのエピローグを想像することが出来る。

私にとってこれは初めてだった。

また、昔本で読んだ「萌え」の定義について思い出した。

「足りない情報を個人的に補う行為」

その後どうなるだろうか、もしあの時こうだったらどうなっていたか等、考えることは萌えである。

「萌え」はアニメだけではないという事だ。