読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「美女と野獣」から読み取れる、LGBTと人種に関するメッセージ

https://www.instagram.com/p/BS0YIMbjV9r/

映画「美女と野獣」を観ました。

作品は楽しく、また、感動して涙を流してしまう出来だった。

個人的にディズニーのメッセージを2つ見つけた。

  1. LGBTを許容する。
  2. 人種差別を行わない

1.だと思ったシーンは2つあります。

住人が城に攻め込み、男性三銃士が衣装ダンスと対峙した時、衣装ダンスの攻撃は相手の服がコーディネートする。「本当の自分を解き放つのよ!」と三銃士を女性の服装に変えたことで、彼らは驚き逃げ出す。そのうちの一人は女装がまんざらでもない様子。
エンディングで舞踏会を開いている時、先ほどの三銃士の一人が男性(ルフゥ?)とダンスしている。
2.の人種差別に関して。

魔女の呪いが解けた後、家具や食器類が元の姿に戻るのだが、そのうちの二人が黒人でした。衣装ダンスと白い鳥のほうき。彼らは使用人であるが、かなり立派な衣装を着ていました。
アメリカの地方では、いまだに黒人差別に関する偏見を親から子へと引き継いでいると聞いたことがある。

映画は子供も観ます。登場人物が白人ばかり、ストレートばかりよりも、多様性を含んだものの方が、子供にとって許容認識の幅が広がって良い。

こういう、社会性を含んだ作品は好きです。