読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PROの名は伊達じゃない!〜FUJIFILM X-PRO1〜

カメラ

先週の土曜日に富士フィルムが出したカメラの新製品、

X-PRO1が欲しい。

昨日もまたヨドバシカメラに行って実機を触ってきた。

改めて思った。

X-PRO1は伊達じゃない!

35mmレンズを付けてのフィーリングを列挙します。

前回は60mmのマクロレンズ装着品しか触れなかったから。

〜〜〜ファインダーに関して〜〜〜

メガネしてる人にとって光学ファインダーがすごく見やすい!

フルサイズの一眼レフの高級機ほど倍率が高くないから、

四隅が見えにくいことはない。

そもそもレンジファインダーだから、

写る範囲は白い枠の中。

シャッターボタンを半押しした時、

距離によって白枠が動くのも良い。

また、光学式ファインダー(OVF)も

電子ビューファインダー(EVF)も覗いた時の見え方はかなり自然な感じ。

今現在、最高なEVFはNikon1 V1だと思う。

〜〜〜本体に関して〜〜〜

母艦みたいにデカイ本体だが、

脇を締めて構えてみると案外しっくりくる。

デカイことが全く気にならない。

逆にこれくらいの方が持った印象としてはちょうどいいかも。

〜〜〜レンジについて〜〜〜

レンズも優れている。

解放で撮った画像に叫喚した。

ピントの合った所はすごくシャープなのに、

そうではない所のボケ具合が良い感じ。

他の人のブログで

「さわやかな風が吹いた様に、何とも心地良い感じです」

と言うのがわかる気がする。

X100でさえ、撮って出しの写真が

デジタルデジタルっぽくなく、

何かがその間にある気がする。

大げさに言うと、空気感が写る。

X-PRO1もその流れだ。

持ち歩いて楽しくなるカメラ。

オートフォーカスも結構早い。

MFでの目測や置きピンをすれば、

オートフォーカスはすごく早い必要はない。

シャッターラグが限りなく小さければ。

このカメラもかなりラグは小さい。

結論、

見かけによらずとても魅力的なカメラだ。