読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚して半年、いまだに住まいは別

半年前に結婚した。

いまだに住まいは別だ。

「どうして一緒に住んでないの?」と知り合いからはよく聞かれる

応えは簡単だ。

  • 一緒に住む家がまだ決まっていない。
  • 妻は自分の実家暮らしで会社からも近い。家に帰ればご飯は用意されており、通勤もラクラク。
  • 私も今の住まいは職場まで近い。
  • 結婚式の準備が忙しかった。ドレスのサイズが変わらないように避妊していたため、子どもはまだ出来ていない。

悪い響きでいうと別居中。

お互い浮気をしないと信頼しているからこの生活を続けられる。

なんのために結婚したのか?と思うかもしれない。それの応えも簡単だ。

結婚という制度があるからだ。

結婚、入籍したからといって今までの生活が激変するわけでもない。

彼女が妻となることは、赤の他人から親族になるということ。

知り合いや友達は結局は他人。本当に困った時は頼りにならない、出来ないもの。

親族になるということは、両家にも義理が立つということ。

「義理のために仕方なく」と言う。結婚は、家を巻き込んだ、困った時の互助会みたいな作用を示すとも考えた。

結婚式で両家親族紹介があるのは、自分らだけではなく、両親兄弟姉妹らがこれからお互い赤の他人ではないよ、という意味もあるのだろう。