寝る前の夜食にピザと納豆。

f:id:simone_tamao:20151024012718j:image

時は夜中の1時。
ちょっと小腹が空いた。
空腹ではない。

冷凍庫に入れていた冷凍ピザを解凍し、冷蔵庫にあった納豆を開けた。

うまうま(OvO)

よくよく考えると生活習慣病や成人病って贅沢だ。
飢えて苦しむのではなく、逆に食べすぎて病気になっている。

若い時はいくら食べても太らない。
年を取っても食べる量は同じ。
年を取るほど基礎代謝や新陳代謝が落ちるから、若い時ほど消費できなくなる。
そしていつの間にかお腹が出てくる。
そして会社の上司や先輩は私の体を指差し、口を揃えてこう言う。
「俺の若い時もこうだったんだぞ」と。

気を付けねば(。-_-。)