読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あえて道に迷うという愉しみ

仕事で今住んでいる所に引っ越してきてから駅の西口にはあまり行ったことがなかった。

 

私から見たら土地勘がない場所。

 

昨日、自転車でそこら辺をぶらぶらと散策を兼ねてポタリングしてみた。

 

あえて知らない道を通ってみた。

 

暗い道、起伏の激しい道、細い道。

ここはどこだ?

 

迷っているときは現状を把握しようと感覚が鋭くなる気がする。

 

それと同時に漠然とした不安感も抱く。

 

脳内地図を回転させて知っている道に戻ってきた。

遠くに行かなくても刺激的なことは身近にもある。