読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚式の当日に急きょ参加+ご祝儀一万円はやめて欲しい

 日曜日に結婚式を執り行った。

招待状の返信には欠席と連絡をもらった叔父さんが、何の前触れもなく当日参加して来た。

うれしさ半分、不安も半分。

忙しい所、時間を見つけて来てくれた!といううれしさ。

コース料理だから食事の数は足りるかなという不安。

妻側の親戚に一人たまたま欠席者がいたから、その料理を回すことが出来た。

ほっ。

 自宅に帰り、ご祝儀を計算していた。

叔父さんのそれを開封してみると、折り目がたくさん入った金一万円なり。

うお、まじか。

 ネガティブに考えると、イレギュラーで参加した割に金額をケチって気持ちだけだなんて、なんて無礼な人なんだ。こちとら一万円じゃ食事代さえ赤字じゃ。料理が無かったらどうする気だったの

 ポジティブに考えると、妻側の欠席者からはご祝儀をもらえてないから、相場の三万円-一万円ということで出費は二万円で済んだ。そして、母の兄弟姉妹が全員揃った!

 人をお金で測るわけではないが、出席するなら、相当な理由がなければ相場ぐらいは欲しいものだ。それを見込んで挙式費用を計算しているのだから。