読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の中で見た「またここか!」という印象

今週の火曜日に夢を見た。

それは過去に夢を見た所と同じ場所だった。

 

シチュエーションとしては、自宅の近くを散歩していた。

近くといえども、風景は全くの別物。

そこは哀愁漂う昭和の下町という感じ。

自宅のマンションに入ると、学校の校舎の様な、団地の様に部屋がある。

自室に向かうも棟が違い、しかもエレベーターで一旦1階まで降りなくてはいけない。

階段で上層階に行ってみるも行き止まり。

そこの住人が階段を登ってくる。

なぜかそれに見つかってはいけない気がして、階段の角で体を小さくかがむ。

案の定、住人に見つかり声をかけられる。

「どうしてここにいるんだい?」

一瞬なんと返答してよいかわからずポカンとし、「部屋を間違えました」と言おうとしたら目が覚めた。

 

この夢を見終わって、「懐かしい」「楽しい」「怖かった」等の気持ちはなかった。

ただただ、「またここか!」という気持ちだった。