読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neetはいつneedされるのか

日記

ニートはなにが楽しくてそれを続けているのだろうか。

「自分の時間だからとやかく言われる筋合いは無い。好きな様に使ってもいいだろう」と思っているだろう。

確かにそれはそうだ。

ニートのその人がいつ、どこで、何をしようが私とは関係ない。

 

しかし、全く関係が無いわけではない。

なぜなら親戚にニートがいるからだ。

アルバイトをせず、毎月お小遣いをもらう。

毎日母親から頼まれる買い物をするだけの生活。

暇ならパソコンで2ちゃんねるやサイトをサーフィンして終わる日々。

働かないのかと聞いたらすぐ逃げる。

昔いじめられたから対人関係や接客業は苦手だと言う。

それならば、人とあまり会わなくても済む仕事、例えばアフィリエイトやスーパーの品出し等裏方の仕事を勧めた。

動く気配はない。

両親は本人の人生だからと諦め。言っても全く聞かないから「あまり関わると自分がおかしくなりそう」だと。

 

以下は自論。

人間は社会的生き物である。

学校を卒業しても就職せずに無職を続けた人は、社会との接点が減り、あるいは避けることである感情が膨らむ。

それは、不安感である。

何をするにも頭が不安でいっぱいになり、また今度でいいやと先延ばしにする。

やりたいと思っても不安で足が出ない。

過去の失敗を思い出し、嫌な気持ちにさいなまれる。

 

解決策は簡単だと思う。

やってみろ、と。

嫌だと思うのも、楽しいも思うのもその人次第。

好き嫌いと思うから好き嫌いなわけで。

 

ただ私が言いたいのは、健康で生活に不自由が無いんだったら、せめて自分にかかるお金は自分で払え、ということだ。

そして親族に迷惑や心配をかけるな、と。

やることない生活は老後にいくらでもあるぞ。